Just another WordPress site

任意保険の交渉

交通事故の任意保険の交渉は弁護士に任せる

交通事故に伴う任意保険に関する交渉は、弁護士のような専門の法律家に依頼しておくことが何よりも重要になります。交通事故でのトラブルが初めての民間トラブルでの加害者側と交渉をする機会だった時には、交通事故の解決方法が他の民間トラブルとはかなり異なっているのだということを理解しておく必要があります。交通事故の場合には予め様々な準備をして対策を練っておかないと、保険会社の言い分に対抗することが難しくなってしまうのです。

日本で自動車を購入する際には、その取引の時に自動車の保険に加入するように勧められることになります。自動車でのトラブルは法律的には民事と刑事と両方のトラブルになる危険性がありますが、どちらのトラブルであったにしても、このトラブルを解決するためには多額の金銭が必要になります。民間トラブルが生じた際に簡単に問題を解決する手段として最も利用されるのは慰謝料などを支払って相手の損失を金銭で換算することです。

交通事故の場合には、他のトラブルと違って被害者側の精神や身体に対するダメージが著しく大きくなってしまうことも容易に想像することが出来ますので、自動車の購入の時には必ず自賠責保険という保険に加入しなくてはならなくなっています。これによって、交通事故の最低限のリスクを回避することが出来るようになります。

一方で、交通事故の中でも非常に大きな事故が生じてしまった時にはこの自賠責保険だけで問題を解決することが難しくなってしまうという事情も無視することは出来ません。自賠責保険は最低限の保証にすぎないものであるため、きちんとした保証をするためにはさらない保険に加入しておくことが重要なのです。これが、民間の保険会社における任意保険なのです。交通事故では、弁護士を通してこの民間の保険会社と示談交渉をしていくことが一般的となっています。

民間の保険会社に関しては、慰謝料を支払う時の計算式に関して一定の基準が存在するところが多いです。自賠責保険に関しては、一定の計算式が存在しますので非常に計算をしやすい傾向にあるのですが、民間の保険会社に関してはそれぞれの会社で独自の基準を有していますのでこれを一般化することが難しいという懸念もあります。こうした状況をうまく乗り切って交渉してくれるのが弁護士なわけです。

交通事故の場合には、特に広範な知識を有した弁護士の働きが重要になりますのでその点を忘れないように念頭に置いておきましょう。