中古住宅について

厚木での一戸建ての中古住宅について

厚木には横浜市を始めとして川崎市や相模原市のように人口が多くまた、その交通の利便性にも優れた地域がたくさんあります。そのため、どの地域での中古住宅一戸建てを考えるのかによって金銭的な購入価格は変わってきます。

厚木でも東京に近い地域であればその利便性によっては高額になりますし、逆に東京都心からは離れた地域でしかも横浜などの大都市から離れた地域の場合は、土地代が安くなりがちであり、また、一戸建ての購入価格の相場も安く抑えられることが多くあり得ます。

中古住宅でよく問題となる築年数ですが、あまりにも古いたとえば昭和57年ごろの建築基準法が改正される前の物件の場合には、この厚木をはじめとする関東は万が一の場合の災害、地震などが想定されている地域になるので、昭和56年以前の物件は災害時に倒壊などの恐れが想定されるために、改築などにより地震に強い耐性にしたほうが良いと言われる可能性もあります。

いくら古民家が風情があってよいと思っても倒壊などをしてしまったら何にもならないので、そのあたり一戸建ての場合は特にこうした地震などへの対策費用も考えた上で購入をする必要があります。

中古住宅の場合にはこうした建築上での問題が大丈夫かどうかを判断することが求められますが、一戸建ての場合にはそれが顕著です。そこに住むためには災害にあったとしても倒壊しない、住み続けることが可能かどうかをしっかりと判断した上で購入する必要があります。また、太平洋の沿岸沿いの場合には場合によっては津波の被害も想定されますから、購入時にはそうした観点も含めて考える必要があるでしょう。

一戸建てへの居住については、その建築している地域の防災意識なども重要となります。地域での意識がしっかりとできていればある程度は安心して住めますしこの厚木では横浜などでも多くの地域でまだ隣家などとの触れ合いも多く残っていますので、災害時には心強いと言えます。

お互い隣家同士声かけをしたり、あるいは地域の防災関係の催しには積極的に参加するなどの対応を日ごろから意識づけておくこともこの地域に住む上で大切となります。

こうした防災意識をしっかりと持っている地域においては、万が一の時にも訓練などができていればどこに避難をすればいいのかなどを把握できているため、地域のだれがいないのかなどを把握しやすくなり、結果的に住民の安否の確認がしやすくなるというメリットもあります。”