Just another WordPress site

物損事故の処理

交通事故と物損事故の処理を弁護士に依頼する

交通事故というのは、事故に巻き込まれた人間が大きな怪我を負ってしまうことを前提とした事故のことを意味します。交通事故には自動車同士の事故だけではなく、自動車と人との事故も含まれていますので、この事故があった時にはそうしたことを前提に処理をしていくことになります。一方で、物損事故というのは人的被害が発生せず、あくまでも自動車のみが損壊してしまった時に付けられる名称です。そのため、対人に対して請求することが出来る慰謝料請求はこの事故に分類されると請求できないのでその違いをしっかりと把握しておきましょう。

交通事故が発生すると、現場に駆けつけた警察はまずその交通事故によって人的な被害が発生していないかを確認することになります。この確認の結果、人的被害が発生していると確認できた時に交通事故という分類に分けられることになります。そして、警察が検証を行って人的な被害が全く出ていない自動車での事故であった場合には、これを物損事故という名称で分類することになります。文字通り、自動車のみの損壊を意味しますのでこれに事件性は存在せず、後は当人同士の問題になりますので弁護士を通してしかるべき請求だけを粛々と行えば良いことになるわけです。

弁護士に物損事故に関する賠償請求の準備を行ってもらう際には、慰謝料請求ではなく損害賠償請求で相手から補償をしてもらわなくてはなりません。慰謝料請求は対人に対する請求なので物損事故の場合には利用することが出来ないというデメリットが有ります。一方で、損害賠償請求は物的損害に対する請求権であるため、自動車だけの事故であっても相手に対して請求することが出来るのです。

弁護士から損害賠償請求を行ってもらう時には、その請求金額に注意をしなくてはなりません。慰謝料の場合は法律的な請求金額に上限がないのでいくらでも請求することが出来ましたが、損害賠償請求の場合は実際に生じた損壊の程度にしか保証を受けることが出来ないので、事故で必要になった物的損失の補償を終えればそれで終わりということになります。一般的な感覚で表現すれば、弁償という形で損害賠償請求は済ませることになるわけです。

このように、交通事故と物損事故には明確な違いが存在します。損害賠償請求と慰謝料請求は別の権利であるため、物的損害しか存在しない場合にはそもそも権利そのものを利用することが出来ないということを知っておく必要があります。