Just another WordPress site

解決事例を参考

弁護士は解決事例を参考に交通事故を判断する

交通事故の解決を依頼された弁護士は、過去の解決事例を参考にして現在の交通事故のトラブルを判断していく傾向にあります。こうしておけば、間違いのない判断をしていくことが出来ますので非常に効率のよい処理をすることが可能になるのです。

交通事故のような民事や警察が出てきて問題を解決する刑事事件などが裁判沙汰になると、司法の現場では必ず過去の解決事例を参考に現在の事件や事故を紐解いていくことになります。なぜこのようなことをするのかというと、過去の解決事例を参考にすれば、それぞれの案件で不公平な事態にならないで済むようになるからです。司法の現場で最もやってはいけないのは、現在の事例や過去の事例を比較してそれぞれの判決で不当にバラバラな判決をしないことなのです。

例えば、過去の解決事例では100万円以上の多額の慰謝料が請求できた事例であっても、現在になると10万円程度のお金しか加害者に対して請求できないとなってしまうと、事故の被害者同士の中でもかなり不公平な結果が生まれてしまうことになります。こうした考え方は民事的なトラブルだけではなくそのまま刑事事件にも当てはまります。刑事事件には、解決事例の最も最たる例として裁判で判決された判例という模範が存在しますので、実際に現在の事件が発生すると過去にあった事例であるこの判例を必ず参考にします。これに関してはほとんど例外がないと言っても過言ではないほどに参考にされ、どのような判決が出てもほとんどが判例を基準に裁判の判断がされるのです。

こうした司法の基本的な考え方は交通事故の現場でも生じますので、優秀な弁護士ならばその事実をしっかりと理解しています。そのため、交通事故の相談が行われた時には真っ先に過去の事例を参考に慰謝料などを計算するようにしているのです。過去の事例で多くの慰謝料が請求で出来ている場合には、現在のケースであっても例外なく多くの慰謝料を請求できるケースになります。慰謝料を請求される保険会社では、こうした過去のジレを参考に相場よりも安いと考えられる示談金を提示してきますので、この事実を知らないと保険会社の言い分に対応することができなくなります。

交通事故では、このような法律的な駆け引きが弁護士と保険会社の間で必ず行われますので、交通事故に詳しい弁護士を雇っておけば、こうした司法の基本的な考えから正当な計算をして慰謝料請求を行ってくれます。