横浜元町の一戸建て

横浜元町の一戸建て住宅に住む

元町は横浜市中区にある地域名ですが、ここには横浜市を代表する商店が有るのです。
この商店街は地名をそのまま利用した元町商店街であり、150年もの歴史があると言われています。

横浜は港町としても有名な地域ですが、住まいに関しても人気が高いエリアでもあるのです。
因みに、元町というのはJR京浜東北線および根岸線の石川町駅の南口改札を利用する事になりますが、南口改札は磯子や大船方面側の一番前になります。
また、北口は中華街へ出かける時の出口として利用される人が多いのが特徴で、出口を間違えるとぐるりと回らなくてはなりませんので注意が必要なのです。

中華街、海の見える丘公園、日本庭園でも有名な三渓園や自然が多くある本牧山頂公園などが有りますし、海側には山下公園、氷川丸、大桟橋ふ頭、赤レンガ倉庫、そしてみなとみらい21まで出かけることが可能になるエリアでもあり、元町は人気のエリアでもあるのです。
観光スポット同様に住まいでの人気も高いのが特徴で、一戸建て住宅の販売も行われています。

インターネットなどで検索を行うと、この周辺エリアの物件が見つかりますが、このエリアの物件の特徴としていえることは、低価格の物件、高額の億単位の物件の何れかが多い事です。

尚、元町と言うエリアは地図で見ると解りますが、非常に入り組んだ地域になっており、しかもエリアの面積はそれほど広くはありません。
しかしながら、商店街を初めとして一戸建て住宅などのある住宅地もあり、このエリアには1丁目から5丁目までの地域に分けられているのです。

因みに、このエリアは横浜市の中区にあるのですが、中区と言うのは横浜市の中でも土地の取引価格の平均が最も高いエリアであり、1坪あたりの単価は123.13万円(2013年の場合)になっています。

そのため、低価格の一戸建ての多くは狭い土地に建築を行うと言う3階建ての一戸建てが主流になっています。

3階建ての一戸建ての特徴は敷地が狭く、敷地いっぱいに建物が作られている事です。
普通の住宅で言えば、空きスペースがなければ建築基準法を満たす事が出来ませんので、建物をこのような形にすることが出来ないのです。
しかし、住宅を作る地域には用途地域というものがあり、3階建て住宅を建築できる地域においては敷地いっぱいに建物を作れるのです。

そのため、敷地が狭い分、建物を上方向に積み上げる形で作る事で住居スペースを十分確保できるのです。
また、土地が狭い分、土地価格が安くなりますので一戸建てを購入し易くしているのです。”